三室戸寺のみどころ 日本屈指のアジサイ名所

三室戸寺と言えば、京都でも花の寺として有名なんですが、アジサイの寺としても特に有名ですね。なんでも、2009年の朝日新聞のアンケートで全国アジサイ名所の第3位だったそうです。データは古いですが、現在でもそうそう変わってないでしょう。

同僚と話している時にも三室戸寺のことが話題に出て、アジサイがすごいと聞きました。

最近のTVのニュースでも三室戸寺のアジサイが取り上げられていましたね。

嫁もアジサイには興味があるようだったので行ってきました。

6月20日(火)ということで、人は少なめを予想していたのですが、アジサイシーズンということもあって、結構多かったです。観光ツアーバスなんかも入ってきていました。

三室戸寺/山門

●アクセスは?

三室戸寺へは車で行きました。

大阪側から来たので京滋バイバス使用したのですが、最寄りICと公式HPには書いてある「東宇治」では降りることはできないようで、「西宇治」から降りて、バイバスの側道を通って寺を目指しました。

そこからの道中も、三室戸寺の案内がところどころにはあるものの必ずしもあるわけではなく、地図必需ですね。

途中から歩行者用と車用の道が分かれていて、車は遠回りさせられます。

 

★駐車場は?

300台が停めれる広い駐車場があります。場所も参道入口すぐ側なので、ややこしくもありません。有料で、一日500円ですが、午後4時までに出車しないと1万円とられるようです。

えらい早いですね。午後4時といえば、三室戸寺の拝観受付終了時間と同じです。

★電車で来た人は?

最寄駅は「京阪・三室戸駅」ということになっていますが、駅から徒歩15分なので、結構歩かないといけません。三室戸寺は山の上にあるので上り坂です。

アジサイシーズンであれば、宇治駅からバスが出てるのでそちらを使用するほうが、参道前で降りられるのでおすすめですね。

三室戸寺/駐車場

●入山料・時間

山門の少し前に受付が設置されており、そこから有料となります。

大人ひとり500円となっており、拝観料としては一般的な価格ですね。拝観案内一緒にいただけます。

注意したいのは拝観時間です。4月~10月は8:30~16:00,11月~3月は8:30から15:30までと拝観終了時間が早めになっています。

午後から拝観する人は要注意ですね。

●アジサイ園(紫陽花園)

三室戸寺のアジサイの多くはアジサイ園にあります。アジサイ園は山門をくぐってすぐのところから入っていくことになります。

アジサイ園では30種,一万株あり、西洋アジサイはもちろん、普段はあまり見かけない額アジサイや柏葉アジサイ,幻の七段花が見られます。

七段花は江戸時代にシーボルトが日本から西洋に持ち込んだアジサイといわれており、西洋アジサイのもとになりました。

勉強不足でアジサイにはそんなに種類があることを知らなかったので、見栄えのする西洋アジサイばかり見ていました。額アジサイは「まだ十分に咲いていないアジサイなんだろうな」という感じで見ていましたが、このアジサイの方が珍しいんですね。

三室戸寺/アジサイ園

●花の茶屋

4月13日~7月15日までの限定営業となっている茶屋です。アジサイ園の中にあり、アジサイパフェはTVでもとりあげられていましたね。境内で唯一の食事処。

アジサイシーズンだけあって花の茶屋にも人が多く来ていました。花の茶屋には屋内席と屋外席があるのですが、いっぱいで席の確保がたいへん。なんとか屋内席の一角が空いたので確保しました。

注文すると番号札を渡され呼ばれるまで待つことになります。

アジサイパフェはアジサイをモチーフにしていておもしろく、味もばっちりでした。

三室戸寺/花の茶屋

★メニュー

ぜんざい,パフェ,わらびもち,かきごおり,あじさいパフェなどがあり、喫茶メニュー中心です。食事メニューは蕎麦やウドンの2種のみになっています。

三室戸寺/花の茶屋メニュー

★アジサイパフェ

三室戸寺/アジサイパフェ

●アジサイ園は出口に注意

アジサイ園には出口という案内があります。しかし、この出口要注意なんです。

アジサイ園の出口は実はアジサイ園の外どころか三室戸寺の有料エリアの外へ出てしまいます。おまけに一方通行なので出口からは戻ってこれません。

三室戸寺の本堂の方へお参りがしたいとか御朱印が欲しいという人はここからは出ないようにしましょう。

アジサイ園から境内へ戻る場合は普通に入口から戻れますよ。

●御朱印はどこでもらえるの?

本堂の傍にある納経所でいただけます。本堂方面へ行くには急階段を登っていかないといけないので注意です。

整理券方式ではなく、その場で書いてもらう方式なのでシーズンだと少し並ぶことになります。

●本堂

御本尊の千手観音菩薩が安置されているお堂です。アジサイ見物の際には参拝していきましょう。江戸時代建立のお堂です。

三室戸寺/本堂

●三重塔

背が高く朱色でひときわ目立つはずの建物なのですが、木々が前にあり、近くに行かないと頭らへんしか見えません。

三室戸寺/三重塔

スポンサーリンク
スポンサー