如来像の種類

仏像には大きく分けて如来,菩薩,明王,天の4種類があります。その中でも如来は最高位の仏様となっています。

装飾品をまとった菩薩に対して、衣服一枚をまとい、頭髪は螺髪(らほつ)という簡素な姿です。これは釈迦が悟りを開いたあとの説法中の姿を現しているとされています。

如来にも複数の種類があり、今回はそれぞれの如来を紹介していきます。

●釈迦如来

飛鳥大仏

仏教の祖であり、実在の人物「釈迦牟尼」ことゴータマ・シッダルダの悟りを開いた仏としての姿。初期の仏教では如来といえばこの釈迦如来のみをさしました。

唯一、始まりから終わりまである仏であり、仏像としては誕生像・苦行像・降魔像・説法像・涅槃像があります。この中で、説法像である座像が一般的ですが立像も一部でみられ、装飾品を一切付けず、衣一枚の質素な姿で現されます。これは大日如来を除く他の如来像のモデルになっています。

三尊仏としては侍仏に文殊菩薩と普賢菩薩をしたがえます。

日本では初期の寺院で本尊として祀られることが多い他、禅宗系寺院で本尊として祀られていることが多くみられます。

日本最古の作例は飛鳥寺(法興寺)の金銅・釈迦如来坐像です。

●薬師如来

Yakushiji/Yakushi

東方の浄瑠璃世界の教主。

菩薩時代に「この世門における衆生の疾病を治癒して寿命を延べ、災禍を消去し、衣食などを満足せしめ、かつ仏行を行じては無上菩提の妙果を証らしめんと誓い仏と成った」とされており、瑠璃光をもって人々の病苦を救うとされています。

如来としては珍しい現世利益の仏であり、病気の回復を願い信仰を集めました。飛鳥時代~奈良時代に特に信仰を集め、南都六宗系寺院の本尊であることが多く、盛んに造仏されました。

真言宗では重視はされませんが、五智如来の阿閦如来と同一視されることがあります。

一方で同じ密教でも皇室との関係が深い天台宗においては東方世界の教主というところから、東の国の帝である天皇と同一視され重要視されています。

姿は釈迦如来と同様の典型的な如来型。座像が多くありますが、立像もみられています。座像は一般的には左手に薬壺を持った姿で表現されていますが、奈良時代以前の古い像だと何も持たない姿表現されています。

三尊仏では脇侍として日光菩薩と月光菩薩を置き、眷属に十二神将を従えます。

●阿弥陀如来

阿弥陀如来

西方世界の教主。極楽浄土へ導く仏であり死に際に菩薩達を引き連れて現れ極楽浄土へ導くといわれています。

平安時代後期から貴族を中心に浄土信仰が盛んになり阿弥陀如来の造仏が盛んになりました。鎌倉時代に開宗した浄土宗や浄土真宗では本尊にもなっています。

密教系宗派の仏にもなっており、真言宗では五智如来のひとりとして大日如来の西南を守護しています。

仏像としての姿は釈迦如来と同じく一枚の衣をまとっただけの典型的な如来型です。三尊仏を形成する際は脇侍に観音菩薩と勢至菩薩従えます。

坐像と立像があり、立像は浄土宗や浄土真宗の本尊としてよく見られます。

阿弥陀如来のはっきりとした起源は不明ですが、1世紀には北インドのマトゥラー近郊で出土した「足だけを残す仏の台座」が最古の彫刻例です。経典中としては2世紀に後漢末期の「仏説般舟三味経」に登場している。

●盧舎那仏(るしゃなぶつ)

Todaiji/Daibutu

華厳宗の本尊。釈迦如来を超えた宇宙の真理をすべての人に照らし、悟りへ導く仏。性質が似ている密教の大日如来とも同一視されることがあります。

造仏は主に奈良時代に見られ、作例は少ないものの有名な奈良の大仏がこの盧舎那仏です。姿は典型的な如来型をしています。

●大日如来

東寺・大日如来

大日とは「大いなる日輪」という意味。大日如来は宇宙の真理そのものをさします。真言宗の本尊であり、胎蔵界大日如来と金剛界大日如来という二種類の大日如来が存在します。

五智如来では中心に位置し、他の四仏を周囲に従えています。

大日如来は他の如来と異なり、菩薩のような装飾品や宝冠を身に着けています。髪も螺髪ではなく、結い上げています。これは宇宙そのものを装飾品のようにまとった王者と現されているからです。

大日如来の発生起源は不明です。

●阿閦如来(あしゅくにょらい)

東寺・阿閦如来

五智如来のひとりで、大日如来の東北に配置されています。単独での造仏はまれにありますが、ほとんどは五智如来のひとつとして主に表現されます。

病気治癒や無病息災,滅罪の仏徳があるとされ、薬師如来と同一視されることもあります。

姿は他と同様に典型的な如来型です。

●宝生如来(ほうしょうにょらい)

東寺・宝生如来

五智如来のひとりで大日如来の東南に位置しています。単独での造仏はほとんどありません。

阿閦如来と同様に、病気治癒などに仏徳があるとされています。

●不空成就如来(ふくうじょうじゅにょらい)

不空成就如来

五智如来のひとりとして大日如来の西北に配置される。単独での造仏はほとんどありません。

●弥勒如来(みろくにょらい)

興福寺・弥勒如来

弥勒菩薩は釈迦の死後56億7千万年後に次の仏陀となるべくあの世で修行している姿ですが、この弥勒如来は弥勒菩薩が悟りを開き、新しい仏陀となった姿です。

姿は弥勒菩薩は半跏の姿が多くみられますが、弥勒如来は全て坐像で表現され、典型的な如来型です。

如来型の弥勒は鎌倉時代以降に盛んに作られました。

スポンサーリンク
スポンサー