清水寺の夜間拝観ライトアップ~幻想的な清水の夜桜~

清水寺は「清水の舞台」で有名な京都でもトップクラスの名所ですが、夜間のライトアップでも有名です。4月10日はちょうど春の夜間拝観の最終日だったので夜間拝観にいってまいりました。

桜もかなり散ってきているのでぎりぎり清水の夜桜が見れるかなというタイミングですね。清水寺の夜間拝観は18時~21時までです。

●二年坂・三年坂

二年坂(夜間)

人が相変わらず多く、普段と変わらずの賑わいです。

清水寺の夜間拝観に合わせ、普段はこの時間閉まっている店でもほとんどのお店が開いています。商店街の中でもところどころに桜がみられます。名のある桜とかでは無いのですがなかなか美しいですね。

夜桜

お土産に八橋を買いました。夜間拝観で遅くまでお店が開いているとはいっても、どこまで開いてるかわからないので拝観前にお店へ行きました。この八橋のお店は試食が非常に豊富で前に来た時も試食をパクパク頂いていました。お茶も無料で出るのでちょっとしたティータイムになります。

西尾の八橋

●夜間拝観受付

清水寺夜間拝観受付

夜間拝観では日中とは有料エリアに違いがあり、普段は本堂前から有料になっているところ、仁王門の階段前から有料になっています。

受付が特設されており、多数のスタッフが対応に当たっています。夜間拝観といっても、拝観料は普段と変わりません。

並ぶことも覚悟していったのですが、最終日だからかあまり並ぶということは無く、すんなり入れました。

この仁王門階段前は撮影スポットにもなっており、たくさんの観光客が記念撮影していました。仁王門と三重塔のライトアップがすばらしいです。

清水寺・仁王門(夜間)

●夜空の光線

いくつかの写真でも確認できますが、夜間拝観で清水寺に行くと夜空に一筋の光線が走っているのが見えます。この光、最初はどこかのお堂をライトアップしているのかなと思ったのですが、単純に夜空に向かって照らしてるようです。

これは「観音さまの慈悲の光」を表しているらしく、京都市街からも見えるらしいです。

●三重塔

清水寺・三重塔(夜間)

清水寺のみどころのひとつである五重塔。ライトアップされると朱がひときわ輝き美しい。この五重塔は仁王門との組み合わせだったり本堂と組み合わせて撮影したりするとより美しい構図になります。

●随求堂・胎内めぐり

随求堂胎内めぐり(夜間)

随求堂の暗闇の地下道を数珠を頼りに進んでいくというもので、清水でも人気のスポットですが、夜間拝観でも人気は健在どころか行列の人はより多いような気がします。

夜間ライトアップなのに暗い所が人気なんて不思議ですね。お値段は昼間と変わらず100円です。

●本堂入り口

清水寺・本堂受付(夜間)

通常拝観時はここが受付ですが、夜間拝観ではスルーです。スタッフもいません。

●鉄錫杖

清水寺・鉄の錫杖(夜間)

清水寺名物の鉄の錫杖です。夜間でも変わらず大人気です。錫杖には小さいものと大きいものがあり、大きいのは本当に重いです。よほど力持ちでないと持ちあがりません。

●出世大黒天

出世大黒点(夜間)

日中は行列を作るほど大変人気の大黒天さんですが、夜間では全く並ばず近くまで行けます。やはり夜間拝観のメインは願懸けではないんですね。

●本堂

清水寺・本堂(夜間)

夜間でも本堂内部はお参りでかわらず人気です。

本堂舞台からは舞台下の木々がライトアップされておりとても幻想的で美しい。本堂舞台からは奥の院舞台もよく見えます。残念ながら工事中なのであまり絵にはなりませんが・・・

清水寺・本堂舞台1(夜間) 清水寺・舞台下(夜間)

●御朱印所

清水寺・御朱印所(夜間) 清水寺・御朱印

実は夜間拝観であっても御朱印をいただくことができます。場所は本堂と奥の院の間にあるので見落としやすいかもしれません。

●奥の院

奥の院は残念ながら工事中ですが、この奥の院舞台から本堂舞台の眺めが最大の撮影スポットになります。仮設通路からでもいい写真にはなるのですが、舞台以外では立ち止まっての撮影ができないので舞台上だけが撮影スポットになります。それだけに人が殺到し場所を確保するのが大変です。

■清水の舞台 眺め

★本殿→奥の院舞台

清水寺・奥の院舞台(夜間)

★奥の院→本殿舞台

清水の舞台(夜間)

●音羽の滝

清水寺の名前の由来になった滝です。夜間でも音羽の滝は変わらず列ができています。

●滝の家

滝の家

清水寺境内の食堂です。昔の茶屋風の座敷に上がってご飯を頂くこともできます。夜間拝観中は夜でも開店しているようです。

●夜桜

清水寺・夜桜

夜間拝観ではライトアップはされていてもなかなか桜かどうか分かりにくいことが多いように感じます。そんな中で音羽の滝から仁王門まで戻る間にある池のほとりにはだいぶ葉桜になっていますが見事な桜が咲いていました。

●おわりに

今回、清水寺で始めて夜間拝観というものを体験したのですが、夜間の方がより影が出てきて良さが出てくるような気がします。そこにライトアップでの透明感のある美しさは素晴らしいものがありました。

カップルも多かったですが、男女問わず同性同士もたくさんいた印象です。夜間拝観であれば、日中仕事や学校の人でも行けると思うので多くの人が行きやすいように思えます。実際に学生や若い人が多く見られました。

本当にすばらしいところなのでぜひ一度、清水寺の夜間拝観体験してみてくださいね。

清水寺以外でも近場であれば、高台寺もライトアップで有名です。

通常拝観時の清水寺の記事もUPしていますのでよかったらそちらもどうぞ。

清水寺のみどころ

スポンサーリンク
スポンサー