明日香村・亀石の紹介

亀石

明日香村には石造物があちこちに点在している。この亀石もそのひとつで、田んぼで囲まれた細い道の傍らに置かれています。

亀のような形から「亀石」と名付けられ、長さ3.6m,幅2.1m,高さ1.8m。材質は花崗岩。石の下部のみに彫刻されており、上部は自然石のままとなっています。

その建造目的や時期は一切不明で、現地の案内では川原寺の所領の四方の境界を示す標石ではなかったかと書かれています。しかし、川原寺とは近いとはいえ境内になるほど近くは無いような気がします。

上部が自然石であることから、未完成だったのではないかという疑いもあります。石矢の跡もあり、加工途中の物なのか?

また、上部を甲羅にみたてれば、やや首をひっこめた亀に見えますが、未加工部分なので、たまたまそう見えるだけという可能性もあります。目が顔の上部についていることから、カエルの顔にも見え、実際にそういう指摘もあるようです。

人気があるスポットですが、道端に置かれているだけなので、料金などはなし。全周囲に回って見ることができます。

スポンサーリンク
スポンサー