四天王寺のみどころ③ 四箇院とは?

四天王寺には創建当時より聖徳太子制定の四箇院というものがあります。

四箇院とは、「敬田院」「施薬院」「療病院」「非田院」のことをさし、敬田院は仏教寺院そのもの、施薬院と療病院はその名の通り現在の病院や薬局に近い存在、非田院は病人や身寄りのない高齢者の為の施設ということで、現在の社会福祉事業にあたる存在でした。

これらは鎌倉時代までは実際に寺院内にあったようです。

現在も四天王寺ではこの精神を引き継いでいます。

それが形となっているものとして、「四天王寺学園」と「四天王寺福祉事業団」があります。

関西であればもしかしたら、四天王寺学園の方が寺院よりも知名度が高いかもしれません。

四天王寺学園は教育に仏教の精神を取り入れた、敬田院を引き継ぐ存在で、小学校から大学院まであります。

四天王寺社会福祉事業団は聞きなれない名前で、公団みたいにも聞こえますが、四天王寺が運営する社会福祉事業です。

四天王寺病院など医療施設。老人ホームや訪問介護など高齢者福祉施設、障害者施設まで含まれています。

四天王寺周辺にも関連施設を確認することができます。

古くからの仏像や建物を見るだけでなくこういう現在に息づいている精神を見ることも、寺社のみどころなのではないかと思ったりします。

●四天王寺学園

四天王寺学園・敬田院

●四天王寺病院(四天王寺社会福祉事業団)

四天王寺病院・非田院

スポンサーリンク
スポンサー