弥勒菩薩とは?

弥勒菩薩(宝冠)

弥勒菩薩像は京都・広隆寺の弥勒菩薩半跏思惟像や奈良・中宮寺の如意輪観音半跏思惟像(実際には弥勒菩薩と言われている)が有名です。

いずれも飛鳥時代~白鳳時代のもので、特に中国,朝鮮,日本でこの時代に弥勒信仰が流行しました。

弥勒菩薩とは釈迦が亡くなった後、56億7千万年後に次の仏陀として、この世に現れ多くの人を救済すると言われている仏様です。

弥勒菩薩はあの世の「兜卒天」という場所で修行しており、半跏思惟像はどのように人々を救済しようかという姿を現したものです。

弥勒菩薩は古代は半跏像が多いですが、時代が進んで鎌倉ぐらいになると坐像もみられます。

ちなみに弥勒如来像というのもありますが、この世に現れた後の弥勒を表しています。

弥勒信仰とは死後この「兜卒天」に行くという思想(上生信仰)と弥勒が現れるのは現在であるため備えなければいけないという救世主待望思想(下生信仰)の2種類をさします。

北魏時代を始め、中国ではこの弥勒を救世主とする思想が弥勒信仰の主体でした。

北魏の大乗の乱をはじめとして、この思想が反体制勢力に利用されることもしばしばあったようです。

朝鮮では三国時代の新羅・支配者層に強い弥勒信仰があり、統一への原動力となりました。

新羅では日本の弥勒菩薩に近い仏像が多く見られています。

弥勒菩薩半跏像・朝鮮

写真の仏像は七世紀初頭・朝鮮の金銅製弥勒菩薩半跏思惟像ですが、非常に広隆寺の弥勒菩薩にそっくりです。

実際に朝鮮から日本へ渡来した弥勒菩薩像も多くあったようです。

●弥勒菩薩の起源

弥勒菩薩はインドでのマイストレーヤ(maitreya)の音訳です

マイストレーヤの姿は下の写真のようにあらわされています。

マイストレーヤ

ガンダーラでの石造・マイストレーヤ像です。

そして、マイストレーヤというのは古代インドの神である「ミトラ」が起源です。さらに古代イラン神話の神「ミスラ」とも同じだとされています。

ミスラはゾロアスター教の最高神「アフラマズラー」と対をなす太陽神として崇められていました。

このようなことから、弥勒菩薩はインドやメソポタミアの共通の起源にまで遡る古い神ということになります。

 ●弥勒と牛

ミスラやミトラの像は現存しておりません。

というのも、メソポタミアのゾロアスター教やインドのバラモン教は偶像崇拝禁止であり、インドで仏像が見られるようになったのは仏教の時代以降だからです。

ただ、メソポタミアからギリシャに伝わりミトラスとして像が残っています。

ミトラス

牛に乗る姿として描かれています。

ミトラスは牛に関係する神のようです。

牛と弥勒菩薩の組み合わせと言えば、広隆寺の「牛祭」があります。

牛祭りでは背に神が乗っている設定ですが、広隆寺はもともと弥勒菩薩を本尊とするお寺であり、興味深いところであります。

スポンサーリンク
スポンサー

コメント

  1. Johnk206 より:

    Its like you read my mind! You seem to know a lot about this, like you wrote the book in it or something. I think that you can do with a few pics to drive the message home a bit, but instead of that, this is fantastic blog. A fantastic read. I will definitely be back. kdfacdkdbabb

  2. Smithg790 より:

    Thank you for your blog article. Great. aeeccdaegeagecdg

  3. crork fiverr より:

    Ch7436 I value the article post. Fantastic.

  4. This is one awesome article post.Thanks Again. Fantastic.