興福寺 北円堂特別拝観へ行ってきました!

興福寺・北円堂

興福寺の北円堂は春と秋の限定された期間しか入れないのですが、今回、H27年7月1日~9月30日の13時30分~16時30分まで特別に拝観がありました。

夏場であるせいか、時間は短めです。

入場料は300円で東金堂や国宝館とは別料金です。

北円堂は720年に藤原不比等を弔うために元明上皇と元正天皇が建立を発願し、長屋王に命じて翌年、721年に完成させた六角堂です。

1049年と1180年の火災で失われましたが、1210年復興しています。

興福寺のお堂で残っているものでは一番古いものです。

北円堂の最大のみどころは、鎌倉時代の大仏師「運慶」の代表作が納められていることです。

ちなみに例にもれず撮影禁止です。

北円堂内の仏像配置は下の写真のようになっています。

北円堂仏像配置

●木造・弥勒如来坐像

興福寺・弥勒如来

国宝。北円堂の本尊で、弥勒菩薩が成仏した姿です。像高1m42cm。

仏像内には建暦2年(1212年)の年号が書かれた願文が残っており、源慶ら運慶の弟子たちの名前が墨書きされています。

源慶が中心となって作ったものですが、統率していたのは運慶であり、運慶晩年の名作として有名です。

●木造・無著・世親菩薩立像

国宝。無著と世親は北インドにいた4世紀から5世紀ごろの兄弟僧侶です。

運慶の代表作で、理想的な仏教の求道者を表現しています。

無署菩薩 世親菩薩

●乾漆造・四天王立像

もともと、奈良・大安寺にあった四天王像です。791年に制作され、後に興福寺にうつされ1285年修復されました。

●御朱印

興福寺御朱印

興福寺はお堂ごとに御朱印を発行しているのですが、北円堂のものもあります。

御朱印は北円堂では無く、南円堂そばの御朱印所で指定すれば頂くことができます。

写真左側が北円堂の御朱印です。

スポンサーリンク
スポンサー