御朱印とは?

石清水八幡宮・御朱印

御朱印とは、お寺や神社へ参拝した時にもらえる押印です。

基本は寺社名の入った朱のスタンプに参拝年月日,寺社名,祭神名もしくは御本尊が墨書きされます。

御本尊では無く、寺社の名物や格言などのこともあります。

墨書きがある寺社は多いですが、必ずしもあるものではなく、朱のスタンプのみのところや、墨書き部分もスタンプであるところもあります。

もともとは納経をしたときに貰える受付印であったと言われています。

現在でも納経しないともらえない寺院が存在するとか。

御朱印は一つの寺社に複数存在するときがあり、巡礼の種類ごとに違うものが用意されていたりします。

御朱印には寺社名が入っていることからお札などと同等とされており、粗末に扱うべきではないとされています。

●御朱印の貰い方

石清水八幡宮・お札授与所

御朱印は神社であれば、「お札授与所」やお寺であれば「朱印所」でいただけます。

お寺の場合、朱印所が設けられている場所は本堂だったり、お守り売り場であったり、受付であったりなどまちまちなのですが、パンフレットにも載っている場合もあり、載っていなくても貰える場所であれば、「御朱印はどこどこでもらえます」など案内があります。

値段はお寺や神社問わずたいてい300円ですが、高いところもあるようです。

御朱印帳に貰うのが基本ですが、無い場合は常備してある和紙などにもらうこともできます。

実際、法隆寺で御朱印帳が無い人用の紙に貰っていた人を見かけました。ただ、朱印帳に書くのとはちょっと違う形式になっていたようです。

寺院によっては朱印帳以外は断られることがあるそうなので、持って行った方がいいでしょう。

御朱印をもらうときのマナーとして、必ず御本尊もしくは祭神に参拝してから貰うようにしましょう。御朱印は本来は納経印であったことをお忘れなく。

●御朱印帳とは?

御朱印をいただくための帳面です。

蛇腹式見開きになっている物や一枚一枚ばらせるものなどあります。

デザインはいろいろあり、女性用のかわいらしいものもあります。

購入は仏具店やアマゾンなどのネットショップで可能です。

各寺社でも規模の大きなところはオリジナルの御朱印帳を発行しており、お札授与所などや土産物屋で購入可能です。

その寺院らしいデザインになっておりこれを集めてみるのも面白いと思います。

値段は1000円~1500円ぐらいです。

スポンサーリンク
スポンサー